ご希望の高速道路IC/SA・PA情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト高速道路IC/SA・PAリサーチ
高速道路IC/SA・PA
トップページへ戻る
トップページへ戻る

高速道路情報

高速道路の通行条件及び禁止事項とは



ここでは、高速道路の通行条件、及び禁止事項について説明します。

高速道路の定義

高速道路の定義

高速自動車国道と自動車専用道路の違いを紹介します。

高速自動車国道とは

自動車で長距離の都市間を移動する目的で作られた道路で、一般道よりも移動時間を短縮することができます。東名高速道路(東京IC小牧IC)や、中央自動車道(高井戸IC―小牧JCT、大月JCT―富士吉田IC)、名神高速道路(小牧IC―西宮IC)などが該当します。

自動車専用道路とは

一般道の渋滞を緩和する目的で作られ、自動車のみが通行できる道路です。西湘バイパスや箱根新道などが該当します。

高速自動車国道と自動車専用道路を通行できない車

高速道路の通行条件では、高速自動車国道・自動車専用道路の両方でミニカー、小型二輪車、原動機付自転車の通行が禁止されています。

ミニカーとは

「マイクロカー」とも呼ばれる自動車の一種で、総排気量は50cc以下、定格出力0.60kw以下です。昨今、電気自動車の普及に伴い「EVコミューター」といった名称で短距離移動手段としても注目を集めています。

小型自動二輪車とは

総排気量が125cc以下の普通自動二輪車です。定格出力は0.6kw以上1.00kw以下です。

原動機付自転車とは

通称「原付」と呼ばれる自動二輪車の一種で、総排気量は50cc以下です。総排気量が20cc以下の四輪車も原動機付自転車に該当します。

高速自動車国道を通行できない車

小型特殊自動車のように構造上時速50km以上の速度の出ない自動車や、その他の車を牽引しているために時速50km以上の速度で走ることができない自動車は高速自動車国道を通行することはできません。

小型特殊自動車とは

最高速度が時速15km以下で、それぞれ長さ4.7m・幅1.7m・高さ2m以下の自動車で、農耕作業用自動車などがこれに該当します。

高速道路の禁止事項

高速道路は安全を損なうような行為が禁止されています。

二輪車の二人乗り制限

高速道路で大型自動二輪車や普通自動二輪車を運転する際は、次に挙げる事項に該当する場合、側車付きであっても二人乗りをしてはいけません。

  • 20歳未満
  • 大型二輪免許や普通二輪免許を受けてそれぞれ3年未満の場合
  • 規制区間で「大型自動二輪車及び普通自動二輪車二人乗り通行禁止」の標識がある場合

転回・後退または横断

本線車道では、転回したり、運転手を交代したり、中央分離帯を横切ったりすることはできません。

緊急自動車の通行妨害

人命救助などすみやかに現場に到着する必要がある緊急自動車の走行を妨害することは禁止されています。対象となる車両は、警察・消防・自衛隊などの公的車両に加え、電気・ガスなどにかかわる民間車両も含まれます。緊急自動車の警告灯の点滅が見えたりサイレンなどが聞こえたりした場合、すみやかに進路を空けましょう。

駐車・停車

パーキングエリア、危険防止のための一時停止や故障などを除いて駐車や停車は禁止されています。