ご希望の高速道路IC/SA・PA情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ステーションビュー
高速道路IC/SA・PA
トップページへ戻る
トップページへ戻る

高速道路情報

東関東自動車道



東関東自動車道は、東京都と茨城県水戸市及び千葉県館山市などの東関東を結んでいる高速道路で、元々は都心の人々が成田空港へアクセスしやすいように作られました。したがって、道路が作成された当時には「新空港自動車道」として開業していますが、新国際空港こと、現在の成田国際空港が開業された翌年の1979年に、現在の「東関東自動車道」という名称に定まりました。この高速道路路線網はNEXCO東日本が管轄しており、略称は「東関東道」です。

東関東自動車道の概要

東関東自動車道の概要

東関東自動車道は、東京都から茨城県及び千葉県にかけて走る高速道路です。東関東自動車道には「水戸線」と「千葉富津線」の2つの順路があります。東関東自動車道は全長約140kmで、水戸線は大泉ICから茨城町西までの約100km、千葉富津線は「市原ICから富津竹岡IC」間の約40kmが該当します。また、東関東自動車道内の宮野木JCTから千葉北IC間は、平日昼間の交通量ランキングにてトップ10に入る程多くのドライバーに利用されています。

水戸線

東京都を起点とし、水戸市が終着点となる水戸線は大泉ICから茨城町西IC間で、走行料金は2,850円です。

千葉富津線

千葉県市原市を起点とし、終点が富津市となる千葉富津線は市原ICから富津竹岡IC間で、走行料金は1,300円です。

東関東自動車道を構成する高速道路

東関東自動車道には、東京都から茨城県への水戸線、千葉県内巡回の千葉富津線、この2つの経路があります。また、東京外環自動車道の一部も東関東自動車道に含まれます。

東京外環自動車道

東京外環自動車道の起点である東京都の大泉ICと終点である埼玉県の三郷南ICすべてが東関東自動車道に該当します。

館山自動車道

千葉富津線を利用する場合に通る高速道路が館山自動車道で、この高速道路内の市川ICから富津竹岡ICにかけてのエリアが、東関東自動車道に該当します。

東関東自動車道

水戸線を利用する場合に通る高速道路が東関東自動車道で、大泉ICから茨城町西にかけてのエリアが、東関東自動車道に該当します。

他の高速道路との比較

他の高速道路と比べると、東関東自動車道にはトンネルとサービスエリアが存在しないことが特徴となっています。しかしサービスエリアに関しては、酒々井パーキングエリアにはガソリンスタンドや軽食店・ファーストフード店が設置されており、ここでサービスエリアと同等の施設・サービスが提供されているという見方もできます。