施設検索/ホームメイト・リサーチ

ご希望の高速道路IC/SA・PA情報を無料で検索できます。

ホームメイト高速道路IC/SA・PAリサーチ

高速道路情報

幹線道路と高速道路の違い



道路には「幹線道路」と「高速道路」があります。どちらも交通量が多い道路ではありますが、それぞれの定義は異なります。ここでは、幹線道路と高速道路の違いについて解説します。

幹線道路とは

幹線道路とは

幹線道路とは、道路交通法にて定義がなされている訳ではありません。全国的に、あるいはその道路が存在する特定の地域の道路状況や交通事情から、該当するかどうかで判断されます。おおむね、歩車道の区別があり、車道幅員が片側2車線以上と広めで、車両が高速で走行するような通行量の多い国道や、一部の県道が幹線道路と見なされています。また、高速道路は、幹線道路としての機能も保持しているため、幹線道路の一種であるということもできます。

高規格幹線道路とは

高規格幹線道路とは、「高速自動車国道」、「高速自動車国道に並行する一般国道自動車専用道路」及び「一般国道の自動車専用道路」のことを指します。その対象となるのは、自動車が高速で走ることができる「自動車専用道路」です。全国の都市や農村地区から、1時間程のアクセスによって利用でき、その全長はおよそ14,000kmもの道路網にまで広がりを見せています。

高速道路とは

高速道路とは、通行が「自動車」に制限され、高速で通行することができる道路を指します。一般道からの出入りは、インターチェンジと呼ばれる場所から行ないます。ただ、道路法で「道路の種類」として制定されているのは、「高速自動車国道」、「一般国道」、「都道府県道」、「市町村道」の4つで、「高速道路」という名称は含まれていません。なお「高速自動車国道」については、「高速自動車国道法」が定められており、自動車以外の自転車や歩行者などの通行が禁止されています。

日本で最初の高速道路

日本において一番初めに全線開通した高速道路は、1965年に作られた「名神高速道路」で、続いて1969年に「東名高速道路」が全線開通し、「高速道路」の名称を広く一般に浸透させるきっかけとなりました。以降も、日本の流通を担う重要な道路として、利用され続けています。

高速道路が立体構造である理由

また高速道路は、道路、鉄道などと「立体交差」するように定められています。これは、インターチェンジ以外の場所から、車両が高速道路内に進入することができないようにするため、そして歩行者が入り込むことを防ぐための2点が主な理由となっています。建設方法は、基本的には土による立体構造で、地形に応じて橋梁やトンネルなどの構造物とすることもあります。なお、高速道路の建設は、該当地域の土地利用状況や開発計画、景観などに留意したうえで行なうため、人口の密集した平地部においては、高架や地下、半地下などの構造を採る場合もあります。