ご希望の高速道路IC/SA・PA情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト高速道路IC/SA・PAリサーチ

高速道路情報

渋滞予報士とは



「渋滞予報士」とは、NEXCO東日本社内での愛称で、渋滞発生の予測を専門とする担当者のことを指します。渋滞予報士となるためには、天気を予報する「気象予報士」のように、正式な資格を持つ必要がある訳ではありませんが、渋滞を予測するエキスパートとして活躍しています。2007年からこの呼称が使用されるようになり、全国でも有数の渋滞発生エリアである関東圏における渋滞予測を、主に担当してきました。

渋滞予報士の役割

渋滞予報士の役割

以下で、渋滞予報士が担っている、主な役割について解説していきます。

渋滞の予測

過去3年程度に発生した渋滞のデータから、渋滞が起こりうる時間帯や長さについて予測を行なっています。渋滞が起こる要因については、様々なケースが想定されています。例えば、「高速道路が通っている地域の地形によるもの」や、「道路工事や交通事故によって引き起こされる場合」、または「新規路線が開通したことによる影響」や、「特定の場所でイベントが行なわれることによる交通量の増加」、「料金割引制度の変更」などが挙げられます。

こうした様々な要因を、これまでに発生した渋滞データと合わせて検討し、高速道路を渋滞せずに通れる車の台数と比較することで、渋滞予測を行なっています。

交通量の統計の作成

高速道路には交通量の計測装置である「トラフィックカウンター」が埋め込まれています。この装置から交通量についてのデータを集めて、分析することも渋滞予報士の仕事です。路線や区間、時間帯などをもとに分析を行なったデータは、渋滞予測に活用されるのはもちろんのこと、道路工事による通行規制の時間帯を決める際などにも考慮される、貴重な統計データとなっています。

渋滞予測情報の公開

渋滞の予測結果は、ウェブで見ることができる、NEXCO東日本運営の「渋滞予報カレンダー」に反映し、ドライバーへと情報を提供しています。また、無料の小冊子「渋滞予測ガイド」を配布しています。特に交通量が多く渋滞が増加する時期である、ゴールデンウィーク、お盆休み、年末年始時期の1ヵ月前から、各サービスエリアにおいて配布を行なうことで、渋滞の緩和につなげようという試みです。

ドライバーに対するサポート

このように、渋滞予測は、様々な機会を設け、ドライバーへとフィードバックされています。それにより、混雑のピークを避けて高速道路を利用してもらうように促し、それぞれのドライバーが快適な走行をできるようにしっかりとサポートを行なうことが、渋滞予報士の活動の目的です。