ご希望の高速道路IC/SA・PA情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト高速道路IC/SA・PAリサーチ

高速道路情報

各国の高速道路事情 フリーウェイ



フリーウェイとは、アメリカの全土にわたる高速道路です。一部の区間をのぞいて、無料で通行することができます。

フリーウェイの名前の由来

フリーウェイの名前の由来

フリーウェイの「free」は、「無料」という意味の単語から取られている訳ではありません。信号が無く、交差点は立体交差になっているため、一般道路のように停止する必要が無いことから、「free」と名付けられました。なお、地域によっては、エクスプレスウェイ(expressway)やハイウェイ(highway)といった名称で呼ばれているケースもあります。

フリーウェイの有料区間

フリーウェイには、有料区間があります。主にターンパイク(Turnpike)や、パークウェイ(Parkway)などという名前が付いている道路が、それに当たります。パークウェイでは、道路の脇や、中央分離帯などに街路樹が植えられていることが多いのが特徴です。

州間高速道路

フリーウェイには、州間高速道路(Interstate Highway)と呼ばれる高速道路が含まれます。それぞれの州間高速道路には、個別の路線番号が付けられており、建設や管理は、それぞれ受け持つ州が決まっています。また所有権も、それぞれ特定の州が持っています。

州間高速道路の歴史

1950年代半ばに建設が開始され、当初の予算を大幅に超過して、30年以上の年月を経て完成しました。

州間高速道路の性質

アメリカでの流通を担う、存在感の大きい道路で、都市部での通勤や、休暇での大きな移動などの際にも欠かせません。

州間高速道路の速度制限

建設当初は速度制限が設けられていましたが、全体としての速度制限は、現在では撤廃されています。ただし、高速道路を管理している州ごとに速度制限がある場合、または無い場合に分かれています。

フリーウェイの「CAR POOL LANE」

主なフリーウェイには、一番左側に「CAR POOL LANE」という車線があります。路面に菱形のマークが記されているこの車線では、標識で示されている人数以上を乗せなければ、その車線を走ることができないと定められています。これは、渋滞を減らすために取られている施策で、違反をすれば罰金を取られることになります。なお、車種によっては例外が認められることがあります。

オーストラリアのフリーウェイ

オーストラリアの高速道路のことも、フリーウェイと呼びます。この自動車専用道路は、ごく一部の高速道路のみ有料で、基本的には無料で利用できます。また、シドニーやメルボルンといったオーストラリアを代表する大都市では、有料道路のETC整備が進んでいます。