ご希望の高速道路IC/SA・PA情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト高速道路IC/SA・PAリサーチ

高速道路情報

高速深夜バスとは



ここでは長距離移動手段のひとつである、高速深夜バスについて説明をします。

高速深夜バス

高速深夜バス

高速深夜バスは日付をまたいで目的地へと向かうバスのことです。バスの中で1泊し、目的地へ向かいます。2泊以上することはなく、ある程度の距離を超える地域に関しては直通の深夜バスは運行されていません。例えば、東京から鹿児島行きの直通深夜バスは存在しません。

深夜バス

深夜バスは高速深夜バスとは異なり、高速道路を使用しません。また、主な用途としては「深夜になり、最寄駅までの終電に乗り遅れた人が地元駅まで帰宅するためのバス」です。昼間はその距離を運行しているバスはなく、深夜限定の路線となります。料金は昼の運賃と比べて高額になりますが、タクシーに比べて割安であることから多くの方が利用します。しかし、高速深夜バスも含めて「深夜バス」と呼ぶケースもあります。

高速深夜バスのメリット

高速深夜バスは運賃の安さが大きなメリットです。例えば、東京から山口県まで飛行機、新幹線と比べてみます。飛行機は片道約25,000円です。行楽シーズンなどの繁忙期によっては値段が変動しますが、最安値は15,000円程度です。新幹線は季節など関係なく、片道約20,000円です。そして高速深夜バスはおよそ10,000円。飛行機同様に繁忙期割増価格がありますが、最安値は7,100円です。これらと比較してみると、高速深夜バスがお手軽な値段であるか感じ取れます。

高速深夜バスの休憩

高速深夜バスは必ず1度以上、サービスエリアやパーキングエリアに寄って、休憩をします。これは、乗客の休憩のためでもありますが、ドライバーの休憩や交代のためでもあります。高速深夜バスでは、過去にドライバーの居眠り運転による事故が問題となり、休憩・交代が義務化されました。義務化以前も休憩は行なわれていましたが、事故防止のため、睡眠時間も厳密な管理基準となっています。休憩の際は、専用の大きな駐車場を持つサービスエリアやパーキングエリアに寄ります。

高速深夜バスのサービス

高速深夜バスのデメリットとしては、安さと引き換えに長時間の移動となることが挙げられます。さらに、長時間椅子の上に座った状態のままになるため、関節や腰が痛むこともあります。しかし、最近ではやや高額な席を選択することで、やわらかい椅子や幅広の椅子に座ることも可能です。また、女性は異性が隣にくる心配もありましたが、基本的に女性の隣は女性となるように配置されます。