ご希望の高速道路IC/SA・PA情報を無料で検索できます。

施設検索/ホームメイト・リサーチTOP

ホームメイト高速道路IC/SA・PAリサーチ
高速道路IC/SA・PA
トップページへ戻る
トップページへ戻る

高速道路情報

高速路線バス



ここでは長距離移動手段のひとつである高速路線バスについて説明します。

高速路線バスの概要

高速路線バスの概要

高速路線バスは、日付をまたがず高速道路を経由し、目的地へと向かうバスのことです。深夜バスとは異なり、バスの中で1泊することはありません。また、ある程度の距離を超える地域に関しては、直通の高速路線バスは運行されていません。そのため、さらに遠くの目的地へ向かう場合は深夜高速バスの利用をします。また、深夜高速バスについての厳密な定義はありません。

バスの種類

「路線バス」にはいくつかの種類があります。単に「路線バス」と呼ばれるバスと、「高速路線バス」の違いを説明します。

路線バス

路線バスは高速道路を使わない、一般道を走るバスです。入口はバスの中央部にあり、降車する際は前方にて運賃を払い、そこから出て行きます。しかし、東京都や神奈川県の一部などでは前方から乗り込み、運賃をその場で支払い、降車する際は、バスの中央部の出口から降りていきます。地方とは異なり、東京都などはどこから乗って降りてもバス料金が変わらない定額制となっているバスがほとんどです。

高速路線バス

一方、「高速路線バス」は、高速道路を走行し、長距離移動の際に使われるバスです。乗り降りは、前方左側にある扉を用います。メリットは、その運賃の安さや乗り換えの手間がかからないところにあります。東京から静岡までの距離を考えたとき、新幹線や特急を使うと約5,000円~6,000円となりますが、高速路線バスは、繁忙期などで値段の変動はありますが、3,000円程度になります。また、在来線とくらべ、様々な駅で乗り換える必要がありません。時間はかかりますが、安く快適なことが特徴です。

高速路線バスのサービス

高速路線バスは、サービスエリアやパーキングエリアに寄って休憩を取ることがあります。高速路線バスは専用の大きな駐車場を持つサービスエリアやパーキングエリアに寄るため、規模の大きなサービスエリアで簡単な休憩がとれます。

改善されてきた高速路線バスサービス

高速路線バスや高速深夜バスのデメリットとしてよく挙げられるのが、安く多くの時間を消費するということです。さらには長い時間、硬い椅子に何時間も座っていなくはならないため、体の節々が痛む場合もあります。しかし、最近では少し多めに料金を支払うことでやわらかく、ゆとりのある椅子に座ることも可能です。昨今では高級志向のバスも増えており、女性限定でアロマをたくなどのサービスが行き届いたバスや、隣の席と密着せずに独立シートになっているバス、完全個室となっているバスなどもあります。