ご希望の高速道路IC/SA・PA情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

高速道路IC/SA・PA

高速道路IC/SA・PA用語集

高速道路IC/SA・PA用語集 高速道路IC/SA・PA用語集

文字サイズ

  • 環境ロードプライシング
    かんきょうろーどぷらいしんぐ

    環境ロードプライシングとは、通行料金を調整して環境影響のより少ない湾岸部などに交通を誘導する施策のこと。並行する有料道路の路線間での料金格差などで運転者や事業者にインセンティブを与えて都心部や住宅地への交通流入を抑制する政策手法を意味する。沿道環境を改善するための試みのひとつ。2001年(平成13年)から首都高速道路横羽線と湾岸線、阪神高速道路神戸線と5号湾岸線で開始され、様々な高速道路及び幹線道路で実施されている。環境ロードプライシングを行なうメリットには、NOX(窒素酸化物)やCO2(二酸化炭素)などの排出量を少なくして環境への影響を軽減することに加え、輸送コストの削減や移動時間の短縮などが挙げられる。環境ロードプライシングの利用は対象車両であることが条件となる他、ETCコーポレートカードの使用や事前登録が必要になる車両もある。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の高速道路[インターチェンジ]を検索できます。

イメージキャラクター

ページ
トップへ
ページトップへ戻る