ご希望の高速道路IC/SA・PA情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

高速道路IC/SA・PA

高速道路IC/SA・PA用語集

高速道路IC/SA・PA用語集 高速道路IC/SA・PA用語集

文字サイズ

  • ハイドロプレーニング現象
    はいどろぷれーにんぐげんしょう

    ハイドロプレーニング現象は「アクアプレーニング現象」や「水膜現象」とも呼ばれ、自動車などが水たまりなどを走行する際にタイヤと路面の間に水が入り込み、車両が水の上を滑るような状態となってハンドルやブレーキが利かなくなる現象のことを意味する。ハイドロプレーニング現象が起きるのは特に雨の日に多く、原因としては、路面に溜まった水の量がタイヤの排水能力を超えたときで、特にタイヤの溝が摩耗している場合や水量が増加している場合、タイヤの空気圧が不足している場合、速度を出しすぎている場合などに起こりやすいとされている。もし運転中にハイドロプレーニング現象が起きた際にはハンドル及びブレーキが利かなくなるため、ドライバーはその状態が解消されるまで待つ必要がある。なお、ハイドロプレーニング現象は、タイヤの溝パターンを最適化したり、路面の撥水性を高めた透水性アスファルト舗装の採用したりすることで抑制可能である。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の高速道路[インターチェンジ]を検索できます。

イメージキャラクター

ページ
トップへ
ページトップへ戻る