ご希望の高速道路IC/SA・PA情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

高速道路IC/SA・PA

高速道路IC/SA・PA用語集

高速道路IC/SA・PA用語集 高速道路IC/SA・PA用語集

文字サイズ

  • 非常駐車帯
    ひじょうちゅうしゃたい

    非常駐車帯とは、道路の路肩に設置されているスペースのことで、故障車や緊急車両、道路管理車両などが停車するために設けられている。高速道路などの自動車専用道路では約200m間隔、土工部や橋梁部では約500m間隔、トンネル内では約750m間隔を目安にして設置されており、非常電話や緊急避難通路、緊急通路への接続が可能となる。非常駐車帯は原則として道路の左側に設置されているが、開通後に拡張されたトンネルや首都高速道路では構造上の問題で右側に設置されているケースや、区間によっては二期線トンネルでの対面通行に対応できるよう、左右両側に設置されていることもある。ちなみに、非常駐車帯は法令上は「待避所」とは目的が異なるために区別されている。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の高速道路[インターチェンジ]を検索できます。

イメージキャラクター

ページ
トップへ
ページトップへ戻る