ご希望の高速道路IC/SA・PA情報を無料で検索できます。ホームメイト・リサーチTOP

高速道路IC/SA・PA

高速道路IC/SA・PA用語集

高速道路IC/SA・PA用語集 高速道路IC/SA・PA用語集

文字サイズ

  • 下り
    くだり

    下りとは、起点から終点に向かう道路のことを意味する。道路に対して「上り」「下り」と言う用語が用いられることが多いが、国土交通省の定義によると、国道の始まりの地点を「起点」、終わりの地点を「終点」とし、「上り」は起点に向かっていくこと、「下り」はその逆の終点に向かっていくことである。国道の場合は東京の日本橋にある「日本国道路元標」を中心に、東京方面側が起点、東京から遠ざかる側が終点となり、それは高速道路においても同様となる。東名高速道路を例に挙げると、東京ICが起点、小牧ICが終点で、東京ICに向かうのが「上り」、小牧ICに向かうのが「下り」である。中には北陸道のように、名神の米原JCTに向かう車線が上り線であるため、そこから遠ざかる車線が下り線であると言うように、縦貫道のジャンクションが起点となっているケースも存在する。

用語集トップへ戻る

全国からご希望の都道府県を選択すると、各地域の高速道路[インターチェンジ]を検索できます。

イメージキャラクター

ページ
トップへ
ページトップへ戻る